どうも!ガンタンです。

久々にラーメン屋に行ってきました。

小さい頃からラーメンが大好きだったんですけど

  • 太る
  • 食べたあと腹が重くなる
  • 体によくない

という理由で、最近行ってませんでした。

でも、職場で話題になってた「焼あご塩らー麺たかはし」がどうしても気になって、行ってきました。

で、どうだったかといういうと、食べ始め~完食まで終始無言。

大盛りを頼んだはずなのに、気がつけば皿の中身が消えていました。

スープも含めてすべてです。

うまい・・・うますぎる・・・

いい意味で期待を裏切られたラーメンだったので、感想をお伝えします。

お洒落な内装

焼きあご塩らー麺たかはしは、以下の6店舗を展開しています(2019年2月現在)。

新宿本店
上野店
銀座店
歌舞伎町店
渋谷店
廈門萬象城店(中国)

ホームページには以下のような写真が掲載されており、非常に上品な印象を受けますね。

私が行ったのは新宿本店と歌舞伎町店でしたが、意外とこじんまりした感じで、内装はきれいでした。

個人的には新宿本店より歌舞伎町店の方が綺麗で開放感があったかなと。

ただ、味は本店のほうがいいのかもしれませんね(私はどちらも美味しかったですが)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑歌舞伎町店の内部。清潔感と暖かみがある。

 

焼きあごとは?スープと麺へのこだわり

 

「あご」とは飛び魚のこと。つまり、「焼きあご」とは飛び魚の焼干しです。

飛び魚は高価な食材ですが、焼きあごをからとった出汁は、上品でコクがあると言われています。

魚介系といえば鰯(イワシ)の煮干しから出汁をとるケースが多いですが、焼きあごの方が生臭さがなくあっさりしていることから、焼きあごを使って出汁をとる店が増えているのだとか。

 

焼きあご塩らー麺たかはしでは、豚骨スープに焼きあごを主体とした数種類の魚介出汁を重ね、さらに香味油やタレにも焼きあごを使うという徹底ぶり。

さらに、このスープを逃さないよう「ちぢれ麺」を使用することで、あっさりしているのに食べごたえのある食感を生み出しています。

 

魚介系嫌いな私が食べた感想

で、ここまで読んでくれた人は違うかもしれませんが、魚介系ラーメンが苦手な人って結構いますよね。

かくいう私も、魚介系ラーメンは苦手でした。

あの生臭さがなんとも。。。

店内に入ったときも、あの魚介系独特の匂いに少しやられました。

でも、焼きあご塩らー麺を食べてからは、今までの印象がガラリと変わったんです。

  • 食したときの生臭さが全然なく、むしろ癖になる!
  • コクがあるのに重くないから、スープまで飲みたくなる!

それが私の率直な感想でした。

もし周りに魚介系が苦手な人がいれば、あえて連れて行くのも面白いかもしれませんね。

あなたのおかげで魚介系嫌いが克服できるかもしれません笑

おすすめの記事