どうも!ガンタンです。

最近、「モテる読書術」という本が出てきて、そこそこ興味を引かれていました。

大人になったら読書をする奴がモテる

という言葉を信じて私も読書をしていたわけですが、モテに直結する読書術とは何なんだと気になって仕方なかったわけです。

① 読書をする
② 知見が広がる
③ チャンスを見つけたり、仕事を進めたりする能力が上がる
④ 稼げる&仕事ができるでモテる

という、ありきたりな話だったら買うのやめよう。

そう思って、秋葉原のヨドバシAKIBA 7階にあるSTORY CAFEで読んでみました。

ちなみにこのSTORY CAFE、隣にあるYURINDOから本を3冊まで持ってきてよく、電源・Wifiまで完備している素晴らしいシステムなので、暇な土日や営業周りをしているサラリーマン、フリーランスなんかにはお勧めです!


↑クリックすると有隣堂 ヨドバシAKIBA店のサイトに飛びます

モテる読書術の大まかな流れ

ざっと読んでみたところ、モテる読書術の流れはこんな感じでした。

① 読書をする
② 知見が広がる
③ 知性が上がり、人脈の質が上がる&チャンスを見つけられるようになる
④ 稼げる&モテる

当たり前じゃん!!

特別なことが書いてあるわけではありませんでした。

ただ、本書でも語られていますが、本を読んだだけでは何も変わりません。

どんなにいい情報を得ても、その通りに実行できる人はほとんどいませんし、実践したからこそ著者の長倉さんはベストセラー作家を連発できているのでしょう。

そういう意味では、この本はいいことを書いています。

読書の良さを伝えるだけでなく、読書の習慣がついていない・読書を習慣づけられない人が、読書を習慣化するための工夫や実際にやるべきことが示されているのです。

では、実際にどういった内容なのかをご紹介していきましょう!

モテる読書術の「モテる」とは?

モテる読書術で語られているモテるとは、人脈のことです。

モテる=異性にモテる

と認識しがちなところがありますが、モテる=好かれるということであり、本来そこには異性同性関係ないということですね。

この考え方には大賛成というか、私も同じ考えです。

本ブログでもモテる=人脈のようなことも書いてますし、その根底にあるのは人に好かれることです。

私の大好きな「いい男論(永松茂久著)」では、同性に好かれる男こそ、本物のいい(モテる)男だと記されているくらいです。

「同性に好かれるけど異性に好かれません」

こういった人もいるでしょうが、その場合は何か基本的なことがおかしいケースが殆どです。

特に男性であれば

  • 言葉遣い
  • 服装
  • キャラクター
  • 清潔感
  • 優しさ、押しの強さ

など、異性から嫌われるポイントを突いている可能性が大いにあります。

が、これらは一瞬にして変えることが可能なことばかりなので安心してください。

「○○デビューでモテるようになった」という話はよくありますが、あれはこういったすぐ変えられるポイントを改善したからですね。

それをクリアしたうえで読書をすれば、よりランクの高い人(という表現が適切かは分かりませんが)と付き合うことができるってわけです。

読書を通じてモテるようになるには

本書でモテるようになる&成長するためにこの本で注視していることは、私なりの言い方をすれば

読書での学びを現実にリンクさせること

です。

本書はそもそも、現代の若者(20代)の読書量が減っていることから、読書する習慣をつけてほしいという想いで書かれていますが、そのうえで読書するだけでは意味がないとを明言しています。

冒頭でも述べましたが、情報を得ても実践しなければ何も起きないし、インプットした情報もすぐに消えてしまいます。

知識を自分のものとし、現実を変えるには、本に書かれたことを実践する必要があるのです。

だから「モテる読書術」では、どのように実践すれば、人生を変えていけるかを具体的に書いています。

その中で私が「これいいな!」と思ったのはSNSの活用です。

SNSを活用して自分のキャラクターを決めてしまう

「モテる読書術」では、自分の行動は自分に与えられたキャラクターによって決められており、そのキャラクターは生まれてからこれまで、自分に関わってきた人たちや環境によって決められると述べられています。

例えば、モテるというキャラクターを付与された人は、モテるよう振る舞い、実際にモテます。

顔が良くても自分はモテないと思っている人より、顔はそこそこでも自分はモテると思っている人の方がモテるというのはまさにこの話ですね。

これと同じように、自分は本が読めないと思い込んでいる人は読書の習慣をつけられないとのこと。

それを解決するには、SNSで「自分は読書家」と発信してしまい、自分のキャラクターを決めてしまうのがよいそうです。

世の中、行動の結果からキャラ付けされると捉えがちですが、事実はキャラ付けが先で行動が後。

だから、自分のなりたい姿に併せてキャラクターをコントロールすることで、自分の行動をコントロールできるのだそうです。素晴らしい話ですね。

ガンタンの読書術

最後に、私なりの読書術も紹介しますね。

興味ねぇよ!って人は読み飛ばしてもらって構いませんが、私なりにはかなりいい方法じゃないかと思っています。

【ガンタンの読書術】

本を辞書(攻略本)として使う。

インプットした知識が身につくには、

インプット:アウトプット=3:7 or 2:8

のアウトプットをする必要がありますが、本ばかり読んでいると、どうしてもインプット過多になります。

そこで私がお勧めするのが、知りたいことができたときに、辞書のように本を活用することです。

例えば、「気になるあの娘を振り向かせたい!」と思った時、恋愛本のコーナーに行き、いくつかの本の目次を読むんです。

そして、気になったとこだけをつまみ読みして終わり。

時間にして5分~10分というところでしょうか。

そして、この5分~10分で得た情報をそのまま実践してみるのです。

今知りたかったことですから、感情も「やってみよう!」という新鮮な気持ちになっていて、アウトプットすることが苦どころか期待に満ちた楽しいものになります。

こういったことを繰り返していけば、使える知識を素早く吸収していけるわけです。

よかったら試してみてください!

まとめ

というわけで、今回は「モテる読書術(長倉 顕太 著)」についてのご紹介でした。

モテる=人脈形成力であり、質の高い人脈形成には知識が必要→読書しよう!という話です。

ただ、読書するだけでは不十分で、得た情報をそのまま実践することで初めて身になり、現実が変わります。

  • 全然読書をしてない人
  • 読書の習慣をつけたい人
  • モテたい人

は、読んでみることをお勧めします!

 

【筋トレ関連記事】

HMBがモテる体を作る秘訣?!最短でモテる男になるマル秘情報を公開

HMBの効果がある人と効果がない人がいるのはなぜ?

筋トレを始める人に知っておいて欲しい!筋トレに必要な栄養のまとめ

筋トレのメリットはパンプアップだけじゃない!仕事がデキる男になろう!

筋トレしたら仕事ができるようになった話【体験談】

アルコールの筋肉・筋トレへの影響【お酒との付き合い方】

筋トレにおける亜鉛の効果!摂取量とタイミングはこれだ!

モテる逆三角形体型の作り方【自宅でできるトレーニング】

BCAAの効果を1分で解説!

プロテインが体に悪いって本当?

ZOZOスーツはやはり優秀だった!服のサイズ合わせ以外にも大活躍

【アブローラー体験記】立ちコロができるようになるまでの4ヶ月

筋肉太りしてて痩せないあなたへ→それは脂肪かも?!

納豆&卵かけご飯で細マッチョ!【ダイエット食品】

【オメガ3脂肪酸】鯖の水煮で細マッチョ!【ダイエット食品】

【筋トレ飯】激安ステーキ&ハンバーグ店・すてーき亭@新橋

おすすめの記事