どうも!ガンタンです。

  • モテる人はマメ
  • モテる人は話が面白い
  • モテる人は仕事ができる

といったことを感じたりしませんか?

なんかこう、うまくいっている人は何もかもできるような印象ってありますよね。

このことについて一つの答えを出してくれる本があり、私がいつも書いていることと通づるものがあったのでご紹介させていただきます。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている(ふろむだ著)

本書は、実力主義社会と言いながら実際のところは勘違い=錯覚が評価に大きく影響する世の中をどうすれば上手く渡っていけるのか、どうすれば錯覚に騙されなくなるのかについて非常に分かりやすく書いています。

ここでいう錯覚とは、例えばイケメンというだけで性格、頭脳、人柄などの全体的なステータスまでもプラス評価されるということであり、本書ではこのような「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」を「錯覚資産」と呼んでいます。

さて、錯覚資産と聞いて、あなたはどのような印象を持ちましたか?

私はかつて、良くも悪くも錯覚資産の存在と威力を身をもって知っていましたが、錯覚資産を利用することには否定的でした。

それは、錯覚による評価なんて中身のないものだし、実力で評価されることこそが公平かつあるべき姿だと思っていたからです。

なので、自分が実力以上の評価を受ければ謙遜し、低い評価を受ければ実力を上げることに専念していました。

しかし、機械ではなく人間が評価を決める以上、評価者がどれほど気を付けていても錯覚の影響は受けてしまいます。

本書では、錯覚というものは本人が影響を受けていることに気づけないものであると述べており、実際にそれは正しいと、今の私も思います。

錯覚資産というものを謙遜によって切り捨てるのではなく、身に着けて利用する。それは「錯覚により相手を騙す」ということではなく、あなたの実力(魅力)を相手に伝え、実力を飛躍的に伸ばしていくチャンスを作り出すための手段です。

本書では、学生と社会人では人生ゲームのルールが根本的に異なると述べています。

  • 学生時代はテストなど、思考の錯覚が入る余地のないもので評価されるため、運と実力がものを言う。
  • 社会に出てからは評価者がテストではなく人間になるため、運と実力に加え、思考の錯覚が大きく影響する。

これに気づいて錯覚資産をうまく利用している人はどんどん評価が上がり、いい環境を与えられ、それに引っ張られて実力がつくといった正のスパイラルに入るそうです。

RPGゲームに例えるなら実力はレベル、錯覚資産は装備やアイテムといったところでしょうか。

あなたのレベルが50、敵のレベルが30だったとしても、敵が最強装備と最高アイテムでガチガチに固めてきたら、いくらヒノキの棒で殴っても話になりませんよね。

逆にあなたのレベルが30でも、最強装備と最高アイテムがあればレベル50の敵も倒すことができ、あっという間にレベルを上げることができます。

かつての私の様に、これを不公平だと思う人もいるかもしれません。

しかし、世の中がそういったルールになっている以上、そこに合わせていかざるをえません。

せっかく自分の実力(魅力)がレベル50もあるのに、レベル30しかない人に負けたら悔しいじゃないですか!

生まれ持った変えようのないもののレベルが負けているからと言って、それで諦めるなんてつまらないじゃないですか!

錯覚資産はあなたの実力(魅力)をちゃんと相手に伝え、よりよい環境や機会を作り出すための大切なステータスです。

今回の記事では、【人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている】を参考に、モテるためにすべきことをお話ししますので、興味がある方はぜひ読んでいただけたらと思います(^^♪

モテるカギは最初に与える印象

私はこのブログで常々「第一印象が大切」と言っていますが、これは思考の錯覚に大きく影響するからです。

私は仕事やプライベートで多くのコミュニティーに所属し、それぞれでキャラを変えてみるという実験を行ったことがあります。

キャラに加え、仕事やスポーツ等の出来不出来など様々な要素が相まって私の評価が決まるのですが、そこで実感したのは「一度ついた評価(印象)を変えるのは大変」ということでした。

一度ついたマイナスイメージは、よほど素晴らしいことをしない限りあらゆることがマイナスに捉えられます。

逆に一度プラスイメージがつくと、ある程度やらかしても笑って許されます。

そしてこれは、女性からの評価も同じことでした。

例えば忘れ物をした時、最初についた印象によって「しっかりしてそうだけど、そういうところもあるんだ(笑)」だったり「あいつマジ屑だわ」だったりいろいろです。

もし悪い評価を受けるようになってしまったら、そのコミュニティでは三枚目を演じる以外に手がなくなってしまうので、最初が肝心であることを意識しましょう!

ハロー効果をモテるために使うには

思考の錯覚により、何か一点が優れているとなにもかもが優れて見えるような錯覚をハロー効果といいます。

  • 成功している事業家→言っていることが正しい
  • 話が面白い芸人→社交的
  • 容姿の良い政治家→政治手腕に長けている

このハロー効果を上手く使うことがモテるために重要なのですが、男性であれば「服装」「髪型」「話し方」「体型」の4点の影響力が非常に大きいのです。

この4点を、相手に与えたい印象に近づけることで、狙った通りの印象を持たせることができます。

最初は「清潔」「誠実」という印象を与える

モテる人にも様々なタイプがいますが、いろいろ試した結果、一番最初に与える印象として最も良いのは「清潔感」と「誠実さ」だと私は結論付けました。

最初に与えた印象は、後々まで残ります。

そして、その印象に引きずられて(錯覚して)相手を評価します。

最初から砕けたイメージを与えても良いのですが、それにより「軽い奴」という印象を与えてしまうと、後々自分の行動が全てそのような印象をベースに評価されてしまいます。

もちろん、そのほうが自分の性格上プラスになるという人もいますが、女性が好む男性の特徴の上位に清潔感や誠実さが入っている以上、そこを抑えるのが得策です。

見た目と中身で印象のギャップを作る

ここまでを読んで

「くそ真面目なつまんない奴だと思われたらどうするんですか!」

と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、それは良くない。

そういう時は、ギャップの力を利用すればよいのです。

具体的には、見た目と中身でギャップを作ります。

一見、清潔感があって誠実そうだけど、話してみると子供っぽいところもあって面白い。

そういう、緊張と弛緩を意図的に作り出すのです。

ここで重要なのは、出会ってからの順番は見る→話すであるということ。

つまり、まず見た目で清潔感や誠実さをアピールし、トークで砕けるのです。

見た目で大きく効いてくるのは服装、髪型、体型ですが、これらを清潔感のある、誠実そうな印象を与えるようにコントロールするのです。

例えば、男性であればジャケットを着るだけでも印象がグッと引き締まりますし、髪型も短髪で髪を上げた方が誠実な印象を与えます。

また、男性であれば引き締まった細マッチョがよくモテますが、それは相手に与える印象が非常に良く、それによりあらゆる行動がプラスに捉えられるようになるからです。

私自身、細マッチョを目指してトレーニングを始めてから女性からの反応が飛躍的に良くなりました。

詳しくはこちらの記事をご参照下さい。

 

見た目をしっかりさせることで、ある程度何をやっても大丈夫な状況を作り出します。

そしてトーク(中身)を徐々に砕けたものにしていくのです。

最初に真面目な印象を与えると、こちらに対する評価が上がっているということに加え、真面目そう=話が真面目と思われ、笑いのハードルが下がります。

それだけに砕けた話をすると盛り上がりやすく、「チャラい奴」ではなく「意外と面白い人」という印象を与えることができるのです。

自己PRは小出しに!

相手に与える印象をよくするには、自己PRも相手に良い印象を与えます。

就活はお見合いに似ているとよく言いますが、恋愛についても同じことです。

ですから、自分にはどういった魅力や実績があるのかを棚卸しておくことは非常に重要です。

ただし、言い方は重要です。

自慢するのではなく、あくまでさりげなく、できれば笑いをとる形でPRするのがベスト!

さらに、一気にまくしたてると相手もうんざりするので、日をまたいで小出しにしていくのがおすすめです。

小出しにすることで、「こんな一面もあるんだ」という発見を楽しんでもらえ、あなたへの評価が着実に積みあがっていきます。

まとめ

今回は、錯覚資産の重要性と、それを踏まえたうえで恋愛における相手に与える印象の操作についてお話ししました。

まとめると、結局のところ第一印象を勝ち取れるかどうかがその後のあなたへの評価を大きく左右します。

恋愛においては、モテる人の多くは第一印象を勝ち取っていく人です。

そして第一印象は、イケメンだけが勝ち取れるものではありません。

自分の魅せ方を心得た人こそが、モテモテの人気者になれるのです。

今の自分がどうとかは関係ありません。

自分がこう見られたいとという印象に合わせて、自分を変えていけばよいのです。

今から行動を起こせる人は、必ずモテるようになります。

あなたの魅力に錯覚資産をプラスし、モテモテの道を歩みましょう!

おすすめの記事