どうも!ガンタンです。

合コンなどで定番すぎる質問「趣味はなんですか?」をされたとき、あなたはどう返していますか?

車?フットサル?それともゲーム?

趣味がありすぎて困るという人もいますが、

  1. 好きなものはあるけれど、これは趣味と呼べるのか?
  2. 趣味だけどコアすぎて話すのが躊躇われる。
  3. 仕事が忙しくて本当に趣味が無い。

なんてこともありますよね。

万人受けする趣味を持っていたり、趣味の幅が広かったりすると、話が盛り上がりやすく初対面でも打ち解けやすい。

だから、できれば趣味が欲しいと思うのですが、社会人になると学校や部活のように気兼ねない友達が作れるコミュニティは自分で探さねばならず、しかも時間がとりにくくなるので趣味を作り辛くなりますよね。

しかし、実際に趣味があった方が恋愛、仕事、メンタルなどに対してプラスになるし、今の時代はそれでお金が入る可能性もあります。

実際私も高校までは趣味も夢も無かったので、「趣味って言われても・・・」という人の気持ちはよくわかります。

というわけで、「趣味を作りたいけどどうやったらいいか分からない」と悩んでいる人のお役に立てたらと思い、この記事を書くことにしました。

3分くらいで読めますので、参考にしていただけれると嬉しいです(^○^)

なぜ今、趣味が必要なのか?

私は今の時代、趣味が非常に大切だと思っています。

それは、上に書いたようにコミュニケーションの為というのもあるのですが、
それと同じくらい重要だと思っているのが、自分の特色を出していく為です。

会社に安定を求めることができなくなり、言われたことをこなすだけの仕事はAIにとって変わられるようになった現代において、自分の特色を出してブランディングしていくことが非常に大切だと言われています。

そして、情報革命により個人が簡単に情報発信できるようになった現代では、突き詰めることで趣味が仕事になりうるのです。

従って、これからの時代を豊かに楽しく過ごす為に、趣味(もしくは打ち込める何か)を持つのが良いと私は思っています。

ガンタンの趣味

まず最初に、私ガンタンの趣味をお教えします。

「そんなの興味ねぇよ!!!」と思うかもしれませんが、少しだけお付き合いください。

【ガンタンの趣味】

  • バドミントン
  • 読書
  • 筋トレ
  • ブログ

色々移り変わってますが、今はこの4つがメインです。

この4つは、元々好きだったのかというと全然そんなことはなく、逆に嫌いor苦手だったものばかりです。

  • バドミントン→才能が無い
  • 読書→3行読んだら目を回していたほど活字嫌い
  • 筋トレ→きついからヤダ
  • ブログ→めんどくさい

といった感じで(´_ゝ`)

趣味の見つけ方、作り方

じゃあなんで趣味になったの?と言われると、これはもう「きっかけがあってがむしゃらにやってみたら、結果的に面白くなった」に尽きます。

例えばバドミントンは、大学のサークルの先輩から過去問を貰いたいという不純な理由で始めました(笑)

最初はやる気もなかったのですが、友達に誘われて社会人サークルに遊びに行った日が転機になりました。

運動神経にはそこそこ自信があったのですが、その日、50代のおばちゃんにボロ負けしたのです。

その時の気持ちを言い表すのは難しいですが、とにかく悔しくて、強くなりたい一心でそこに通い続けました。

そしたら通っているうちにどんどん上達して

「あれ?苦手だと思ってたけど、もしかしたら強くなれんじゃね?」

とか思い始めて、うまくなる為にほかのクラブにも通うようになったんですけど、気づいたら平日は毎日2-3時間、土日は10時間練習しないと気が済まなくなっていました笑

起きている間は殆どバドミントンの事を考えていたくらいで、結果的に大会で優勝もしました。

振り返ってみると完全に趣味と言えるレベルになっていたのですが、ここまでハマったバドミントンも、元々は嫌いで、できればやりたくないスポーツの一つでした。

そして、今は趣味になっている他の3項目についても同じようなものです。

ここで私がお伝えしたいのは、嫌いでも苦手でも、がむしゃらにやったら趣味になりうるということ。

どんなことでも、やっみて成長ややりがいを感じると面白くなり、いつのまにか趣味になっている。
そういうものだと私は思っています。

きっかけは何だっていい。

気になるあの娘が好きな事でもいいし、流行りに乗るのもアリだと思います。

飲みの席でのウケ狙いで手品を趣味にするのもいいですよね!

ちなみに私は、筋トレを趣味の一つに加えることをお勧めしています。

筋トレは一人でもでき、且つ体を鍛えることで、仕事やプライベート(恋愛含む)の両面でプラスになるからです!

趣味を作ると話のネタに困らなくなる

趣味の作り方に気がついてから、 色んな趣味を作ってきたのですが、
その結果、話題の守備範囲ががかなり広がったなーという感じがします。

というのも、趣味は自分の興味のあることなので、その事項について自発的に調べるようになり、
結果的に周辺知識がついたからです。

例えば筋トレの場合、

筋トレ→超回復について調べる→栄養学について調べる→美容に詳しくなる

というふうに連鎖し、自分の興味のなかった分野に対しての知見が深まります。

筋トレ→美容という例を出しましたが、その他にも

筋トレ→睡眠法

筋トレ→ダイエット

筋トレ→心理学

というふうに派生するので、一つの趣味から知識がどんどん増えるんです。

で、派生したもの、例えばダイエットに興味がでてくればそれを実践し、さらに調べていくことで知識も体験もどんどん増やしていけます。

色んな話をカバーする物知りな人って、こういう風に知識を増やしているのかも知れませんね(^^)

インプットしたら必ずアウトプットする

そして、インプットした情報はなるべくアウトプットするのがお勧めです。

というのは、人間はアウトプットすることでのみ知識を自分のものにできるからと、アウトプットすることこそが自分のブランディングになるからです。

アウトプットの方法は色々あります。

実践してみる、友人に話す、ブログに書くなど様々ですが、実践か、ブログやSNSに残すことがお勧めです。

ちなみに、インプットとアウトプットの理想的な比率は7:3〜8:2らしいので、どんどんアウトプットしていきましょう!

「知っている」と「やっているor 経験している」は全然違う

話が面白い人が語っているのは、知識より経験談が多い。

知識だけの話は中身が薄く、聞いていても「つまらない」「鼻につく」ような印象を与えがちですが、
経験談は「臨場感」や「重み」があり、かつ「あなたの人間性」が出て引き込まれます。

ブログを見ていても、知識を並べたものより体験を語っている方が面白くないですか?

ですから、インプットした情報はすかさず実践してみるようにしましょう!

まとめ

今回の話をまとめると

  1. 趣味がなければ、なんでもいいからがむしゃらにやっていみる
  2. 趣味ができたら、趣味やその周辺知識について調べる
  3. インプットした事はアウトプットする
  4. インプット&アウトプットしているうちに新しく興味が出るものがあれば、新しい趣味が増える。

といった感じで、連鎖的に趣味や知見、話題を増やしていくことができます。

また、インプットした知識を実践することで、あなたの話やあなた自身の魅力が増していくのです!

趣味が無くて何を話したらいいか困っているという人は、ぜひ今回の話を参考にしてみて下さい(^O^)

おすすめの記事