どうも!ガンタンです。

  • 社会人になってから、なかなか彼女ができない
  • そもそも、彼女いない歴=年齢

そういう悩みを抱えている方って非常に多いんですよね。

このページでは、このような恋愛の悩みを解決する方法を
紹介していきます。

ここで紹介していることを実践し、身に着けていただければ、
「彼女なんて作ろうと思えばいつでも作れる」といった状態になれますので、
ぜひ試してみてください。

ただ、紹介したい内容が多い為、別記事のリンクを張らせていただきました。

全て、私が実践して成果のあった大切なことですので、
そちらも併せて隅々までお読みいただければと思います。

社会人になって彼女ができないのは単純に出会いがないから?

学生の時は「学校」という出会いの場がありました。

しかし、会社に入ると、社内恋愛を推奨している一部の企業はあるにしても、
基本的に自分で出会いの機会を作らなくてはなりません。

にもかかわらず、学生時代と比べて仕事が忙しい&時間が確保し辛く、
理想の異性や、それに繋がる人脈も作り辛くなります。

なので、意識的に時間を作り、出会いを求めて行動することが重要になるのですが、
ここでちょっと待ってほしいのです。

「出会いさえ作れば彼女はできるのか?」

自分の経験や知識、視野が狭く、相手の良さが分からなければ、
理想の相手は1000人に1人くらいかもしれません。

また、自分の魅力が足りなければ、
自分を好きになってくれる人は1000人に1人かもしれません。

恋愛は自分と相手の気持ちで成り立つものですから、
未熟な自分では1000×1000で100万人に会わなければ
理想の人と付き合えないことになります。

一生のうちで100万人なんて会えないでしょう?

ちょっと大げさな表現をしましたが、
この考え方は非常に大切だと思っています。

私が考えるモテる為の道のりとは、

  • 相手の良い所を見つけ、好きになる力
  • 自分の魅力を上げ、相手に好かれる力

の両方を磨いていくことです。

つまり、単純に出会いの数を増やして付き合える人を探す単発的なものではなく、
自分を高めて付き合える人を増やすことに重きを置いています。

私の場合、相手に好かれようと努力した結果、
視野が広がって好きな人が増えたといった感じでしたが、
ともかく、恋愛に対するコンプレックスや不安は綺麗になくなりました。

出会いの場を増やすことは確かに重要ですが、
同時に自分を磨き、価値観を広げることが、
彼女を作れるようになる王道かつ最短のルートだと私は確信しています。

自分磨きが必要なもう一つの理由

自分磨きが必要なもう一つの理由があります。
それは、昔に比べて出会いのハードルが下がっているということです。

昔であればコンパやパーティ等、物理的に足を運ばなければいけませんでしたし、
その情報も人脈を持っている人に限られていました。

しかし、今はこれらの告知がwebやSNSで行われていたり、
マッチングアプリを使って、どこにいても簡単に出会える時代になりました。

すると、多くの人を比較することができるようになり、
結局のところ、魅力的な人に人が集まり、
そうでない人は全く繋がらないという二極化が起こっているように思います。

以前、ある会でお会いした女性が、今の彼氏と出合った話をしてくれました。

その方はマッチングアプリを使っていたのですが、
一日に6人の新しい男性と会い、その中からいい人を選んでいたそうです。

一日に新規6人ってすげぇな!Σ(゚Д゚)

マッチングアプリは女性が無料のものが多いので、
こういった手法がとれるんですね(;・∀・)

実にうまいと思います。

こういった状況にあって、理想の相手を捕まえようと思ったら
自分が相手に選ばれるだけの魅力を備えている事が必要です。

「でもそれじゃあ、めっちゃモテる人と比較されたら勝てないじゃないですか」

と思ったあなた!大丈夫!

全ての女性が同じ人を好きになることはありません。

加えて、男の魅力は後天的な努力で大きく上げることができますから、
今から頑張ればモテる男になれます!

これから、彼女を作れる(モテる)男になる為に大切なことを開示していきますので、
引き続きお付き合いください。

男は外見、中身、経済力で勝負!

モテる人の特徴などで検索すると、
「明るい」「優しい」「仕事できる」等、
ものすごい数の項目が出てきます。

確かに、これらはどれも大切なものだと思いますが、
多すぎて何が何だかよく分かりません。

そこで、私なりに書籍やweb、女性からの意見と私自身の体験を通して考えたところ、
男の魅力とは3つの要素の総合力であると判断しました。
その3つの要素とは、

  • 外見
  • 中身
  • 経済力

「どれも当たり前じゃん」

と思ったかもしれませんが、
重要なのは、これらすべての根底に相手への「想いやり」があることです。

相手を想いやるという前提

まず始めに、外見、中身、経済力の全てに当てはまる大切な前提をお伝えしておきます。

それは、「すべては相手の為を想っての行動」ということ。

つまり、相手本位で考え、行動するということです。

かつて私は、自分本位で考え、行動していました。

その時の思考はこんな感じ。

  • 自分がかっこいいと思う服を着る
  • 自分が好かれるにはどうするか
  • 自分と気の合う人いないかな?

全てが自分を中心とした考えからの行動で、
結果的に全然うまくいきませんでした。

  • 自分がかっこいいと思う服を着る
    →ダサい
  • 自分が好かれるにはどうするか
    →何をしたらよいか分からず困惑
  • 自分と気の合う人いないかな?
    →見つかるのはごく稀で、しかも続かない。

重要なのは相手を中心として考え、行動すること!
それを意識してから、私の人生は大きく変わりました。

  • 自分がかっこいいと思う服を着る
    →相手から見て気持ちの良い服を着る
  • 自分が好かれるにはどうするか
    →相手が喜びそうなことは何か
  • 自分と気の合う人いないかな?
    →今話している相手はどういう人、物、事が好きだろう?

中には、「それ同じことじゃね?」と思うこともあるかもしれません。
ですが、大切なのは常に「相手が」で始まる文脈で思考することです。
これを意識し続けることで、自然と周りから好かれ、彼女ができる人になれます。

「でもそれって、相手に合わせてばかりでしんどくない?
自分の好き嫌いとかあるじゃん」

と思った方!安心してください!

相手の事を考えて行動していると、知見が広がって
自分の価値観も変わっていきます。

つまり、冒頭で述べた
「相手の良い所を見つけ、好きになる力」
が高まる為、理想の相手の範囲が広がります。

騙されたと思って、一度試してみてください(笑)

では、ここから「外見」「中身」「経済力」についてお話ししていきます。

外見について

外見は、第一印象を決める最も重要な要素であり、
恋愛でいえば「こいつはアリかナシか」を判断される最初の関門です。

ここをクリアしない事には恋愛への道は閉ざされたままですので、まずは外見を磨くことに注力しましょう。

後天的な努力で外見の印象はいくらでも良くなる!

外見というと顔や身長など生まれつきの要素が大きいように感じますが、実はそうとも限りません。

体つきや服装、しぐさなど、後天的に身に着けられる要素が沢山あり、それらを磨くことで確実に外見の印象を上げることができます。

これは、相手の一部分だけを見る男性とは違い、女性は様々な要素を見て「全体的な印象」で相手を判断するためです。

女性が「可愛い」という人を見たとき、全然そうは思えないと思った経験ありませんか?

これは、「一部だけを見る男性」と「全体的な評価をする女性」で可愛いの定義が異なるからという話は聞いたことがあるかもしれませんが、その差のおかげで男性には復活のチャンスが残されているのです。

「そんなことない!イケメンとしか付き合わないって女性もいるでしょ!」

というのは確かにその通りなのですが、そういっている人が実際に付き合う人を見ていると、必ずしもイケメンと付き合っているようには見えません。

そういう人に話を聞いてみると、決まって返ってくる答えが

「なんかいいと思った」

であり、つまり総合評価で見ているのです。

ですから、生まれつき変えようのない要素は気にせず、後天的な要素をレベルアップさせることに注力しましょう!

女性が求める外見のレベルは、男性が思うほど高くはない

恋愛において、容姿がいいほど有利なのは間違いありません。

しかし、だからと言ってそれが絶対的な差になるとも限りません。

いつまでも可愛い子を追いかけたい男性と違い、女性は現実を見ています。

確かにイケメンアイドルが好きだったりもしますが、それと実際付き合う人は全くの別。

年を重ねるほどに現実を見るようになり、男性ほど高いレベルの容姿を相手に求めなくなります。

そのため、イケメンとそうでない人の差が縮まり、「アリかナシかでいえばナシではない」くらいで土台に乗るわけです。

生まれ持ったもので左右されにくい男性はラッキーです。

ぜひ、外見を磨いて恋愛のチャンスを掴みましょう!

具体的にはどうすれば?

体形、髪型、服装、肌、姿勢、立ち振る舞い、顔つき、etc.

外見で気を付けるポイントは沢山あります。

が、長く良い関係を続けたいのであれば、外見で最も気を付けるべきは「清潔感と逞しさ」です。

女性はまず、最初に男性を見たときに「清潔感」に注目します。

ここがクリアできていなければ、そもそも話になりません。

そして、さらに恋愛対象として女性を惹きつけるには「逞しさ」が必要です。

本能的に、女性は自分を守れる男性を魅力的だと思うため、逞しい男性は恋愛対象として見られやすいのです。

では、「清潔感」と「逞しさ」の両方を身に着けるにはどうすればよいのかというと、一番は筋トレによる体づくりです。

昔読んだ本で「5万円の服を買うより5kg痩せたほうがモテる」といった格言を読みましたが、私自身、体づくりをしたことで周りの目が変わった経験を持っているためよく分かります!

たるんだ体や細い体では、高価な服を着ても「清潔感」がなく「頼りない」印象を与えてしまいかねません。

むしろ集中して体づくりをしてしまった方が、何を着ても似合うようになります。

ですから、まずは体づくりをしましょう!

それと並行して、細かいポイントがいくつかあります。

以下に一部例を上げますが、詳しくは別の記事でも書いてますのでそちらをご覧ください。

例)

  • 髪型・・・ベリーショート~ベリーショートとショートの間。おでこを出す。
  • 服装・・・ワンポイントまたは無地。明るい色。ベースを抑えつつ、流行を取り入れる。
  • 肌・・・・綺麗でハリがある。髭は剃る。
  • 表情・・・基本的に笑顔。表情は豊かに。

中身について

女性が男性を評価する際、最初は外見を見ますが、
その後すぐに中身(性格)を評価します。

そして、中身はその後もずーっと評価され続けます。

恋人にするなら顏と性格どちらが大切?
という問いに対して、女性がよく「性格」と答えるのは、
本当にその通りなのでしょう。

「でも、性格なんて生まれつきなんだから、どうしようもないよ!」

そう思ったあなた!

大丈夫!
思考を変えて行動しているうちに、価値観が変わって、
性格も変わってきます。

私の知人で、
「自分はこういう性格だから、自分に合う人がいい」
と言ってかたくなに自分を守ろうとする人がいますが、
結局、何年も彼女ができないままです。

自分は主義主張はひとまず置いといて、
まずは相手から好かれる自分になるよう努力してみましょう!

・具体的にはどうすれば?

まず、前提として「どうしたら相手が喜ぶか」を常に考え続けることです。

この際、自分が恥ずかしいとか嫌だとかは一切捨てて下さい。

実は、このことについては既に学校で教えてくれていたりします。

それは「道徳」の授業です。

当時はどうでもいいと思っていましたが、今思い返すと
「あれは恋愛の授業だったのかな?」
とさえ思えてきます。

  • 自分がされて嫌なことは相手にもしない
  • 必ずお礼を言う
  • 他人のせいにしない

などは耳にタコができるほど言われてきたことですが、
こういった考え方は非常に大切。

ただし、恋愛や仕事を含めた人間関係を前進させるには、
さらに一歩進んだ
「相手がされて嬉しいことを実際にする」
ことが重要です。例えば

  • 告白は自分からする(相手に恥をかかせない)
  • 可愛いね、その服に合ってるねと褒める(相手の不安を取り除き、プラスにする)
  • 相手の意見に共感する(相手の考えを尊重する)
  • 常に話題を用意しておく(会話が無く気まずい思いをさせるのを防ぐ)
  • 自分が話しすぎない。自分:相手=2:8 or 3:7を心がける(人は自分が話している時が一番気持ちい)

など、挙げるときりがないのですが、すべて相手のことを考えての行動です。

具体的なことについてここで一つ一つ説明することはできないので、
下に記載したリンク先の記事を読んでみて下さい。

以上を読んで、「そんなことプライドが許さない」と思いましたか?
私もかつてはそんな風に考え、行動できませんでした。

しかし、それが自分本位の考え方であると気づき、
抵抗感がありながらも実践してみたところ、
その効果は絶大でした!

「可愛いね」と言われて嬉しくない人などほとんどいません。

その結果、「キモい」って言われたっていいんです!

「キモい」と言われるリスクを顧みず「可愛いね」って言えたあなたは本物の男です!

必ずあなたを評価する素敵な女性は現れます!(というか、沢山います(笑))

【詳細についてはこちらの記事をご参照下さい】※随時更新していきます。

→孫子に学ぶ、友達を優先する彼女との付き合い方
→初対面の相手と二人きりで沈黙にならないためには!?

 

・相手本位の考え方を身につけるには読書が一番!

さて、相手本位の考え方を身に着けるにはどうすればよいかというと、
多くの本を読めばよいのです。

何故なら、自分の頭で考えても、
自分一人の経験と価値観からしか考えられないからです。

実際、社会人になってモテる人や、No.1ホストと呼ばれる人達は、
物凄い量の本を読んでいます。

私は年間100冊程度しか読んでいませんが、
それでも女性受けはかなり良くなったと思います。

では、恋愛がうまくいくためにはどういった本を読めばいいのかというと、
大きく分けて2種類あるというのが私の意見です。

  • 考え方・・・ビジネス書、経営者の本、小説、心理学、少女漫画
  • スキル、テクニック・・・恋愛のhow to本

恋愛の本というと、本屋でよく売られているのはhow to本ではないでしょうか?

確かに、how to本に書かれていることを実践すれば直ぐに効果が得られます。

しかし、根底となる「相手の事を想う」考えができていなければ、
あまり長続きしないというのが私の経験です。

この考え方は、意外と経営者の方が書かれたビジネス書などで学べます。

というのも、一流の経営者は「どうやったらお客様や従業員が喜ぶのか」を
常に考えてきた人達であり、いわゆる「人たらし」の達人だからです。

「あなたとなら一緒に仕事がしたい」と言われてきた人達が書いた内容ですから、
それを恋愛に応用しても通用します。

仕事でも通用するものですので、本を読む週間が無い人も是非読んでみて下さい。

さて、ここまで読んで
「じゃあ、恋愛のhow to本は要らないんだな」
と思われたかもしれませんが、
いやいや、how to本も大切なのでしょう。

何故なら、知識や考え方だけ詰めても実際に行動しなければ意味がなく、
どう行動したらよいかが書かれているのがhow to本だからです。

・考え方は行動することで身につく

教本を読んだからといって、サッカーが上手くなるわけではないように、
本を読んでも、それだけでモテるようになるわけではありません。

脳科学系の本では、物事を身につけるには
インプット:アウトプット=2:8 or 3:7
が必要と言われています。

ですので、本でインプットした知識や考え方は、
すぐアウトプットしなければ身につかないですし、
そもそもアウトプットしなければ彼女はできません(笑)

そのアウトプット方法を教えてくれるのがhow to本。

実際、how to本は読んでて面白いですし、即効性もあるため
やる気の持続にも繋がります。

また、考え方が伴わなくても行動が先行することで、
結果的に考え方がついてくることがあります。

私的には、水野敬也先生の「LOVE理論」が、
非常に面白くて具体的な行動まで書かれているのでお勧めです(笑)

ぜひとも、いろんな本を読んでみて下さい!

経済力について

最後に、将来的なことまで考えるのであれば経済力は必須です。

彼女を作るところまでであれば「外見」と「中身」だけでもどうにかなりますが、
結婚まで見据えたいのであれば「お金」は絶対に外せませんし、
女性側(親も含めて)は必ずそこを見ます。

現状、終身雇用制度は崩壊し、会社員の給与も右肩下がり、
かつどの会社が潰れてもおかしくない時代になっています。

そんな中、平均寿命は延び続け、人生トータルでかかる費用は右肩上がりです。

人生でどれくらいのお金がかかるのか、ざっと計算して
自分の生涯賃金がそれに足るのかは、考える必要があると思います。

自分一人なら、生活を切り詰めるとか、早く死ぬとかいろいろ手はあると思いますが、
大切な人を幸せにしたいと願うなら、やはり相当のお金がかかる。

相手を幸せにしたいという想いがあれば、経済力も必須です。

それを考慮し、キャッシュポイントを増やすなど、
できることは今すぐにでも行動することが男の責任かなと思います。

まとめ

最後までお読みいただき有難うございます。

色々書きましたが、全ては「相手の事を想う」ことが始まりで、
これこそが彼女ができた後もお互い上手くいく一番のポイントだと思っております。

実践的な内容はほかの記事でも書いておりますので、
そちらも含めて読んで、実践してみて下さい!

おすすめの記事